月別アーカイブ: 2014年9月

オールインワンゲルで時短!

オールインワンゲル
幼稚園児の娘を持つ2児の母です。

子供が生まれる前は肌のお手入れにはたっぷりと時間を使っていました。
化粧を落として洗顔をして、化粧水、乳液、美容液、パックなどなど気の済むまでのんびりとしていました。
しかし、子供が生まれてからは世話に追われる生活が始まり、自分に割ける時間はほとんどありません。子供が起きている間は四六時中付いて回るので、化粧を落とすのも一苦労です。
Continue reading

自意識過剰?

カミソリ
わたしは毛が嫌いです。ムダ毛を処理しないなんてありえないと思っていますし、ムダ毛を人前にだしたくないのです。
例えば、外で腕まくりをする機会がありますよね?それで腕をまくるということは、ほかの人も見えるということなんですよ。
わたしは剃り忘れた日があったら、なにがあってもまくりません。それを友人は知っていて言われたのです。
少し気にしすぎなんじゃないかと。 Continue reading

吹き出物

やっと真夏が過ぎて涼しくなってきたと思っていたのに、日中は暑くて朝晩は寒い過ごしにくい気温です。
そんな日々で、体調を崩しがちですが私のお肌も体調不良です。
あごの下に吹き出物が一つできました。
38歳の専業主婦です。
この歳で吹き出物ができると、テンション下がります。
いい大人がふせっせしてるからと思われてしまいそうな。
でも、私の場合ずっと18歳の時から吹き出物には悩まされているんです。
私はずっとバスケットボールをしていました。
高校3年生の夏の引退後まで、にきびなんて全く知らない肌だったのに引退後からずっとでき続けているんです。
ハードな運動だったので、ご飯も結構な量を食べていました。
部活が終わると仲間達と近くの駄菓子屋さんに寄って、カップラーメンやジュースに駄菓子を買って疲れを癒していたんです。
引退後もその生活から抜け出す事が出来ずに、大人になった今でも駄菓子を買っては食べています。
専業主婦で生活もダラダラ、その上食べまくっているからカロリーもオーバーしているんでしょうね。
体の内側からケアしないと吹き出物は無くならない・・・と分かっているのにやめられません。
肌の調子がいい時は、やっぱり駄菓子などを食べていない時なんです。
ある意味、駄菓子を食べる事はストレス解消になっています。
食べた分、カロリーを消費する為に動けばいんですけど、それもなかなか出来ずにいます。
結局、本気で治す気が無いからなんですよね。
でも、これからは駄菓子を食べる事をやめようと思うので、きっと吹き出物ともさよならできると思います。
だって、体重もかなり増えてしまったので、ダイエットをしようと思っているからです。
ダイエットもあまり急激にすると、肌へのダメージが出ると思うので、ゆっくりと確実に行うつもりですけどね。
http://メルライン1.biz/

偏頭痛

私は若い時から頭痛持ちでした。
人ごみとか映画とか空気が悪いとダメらしいです。
また長く運転したあととか長く乗り物に乗った時、
運動会とかで疲れた時や飲み会などで睡眠不足になった時がひどいです。
また、本を読むときや仕事に集中したとき、パソコンをしたり裁縫とかアイロンかけなど
何かに集中したあとなどはまず目が疲れてきて
そのあと頭がズキズキ痛くなり次第にガンガン痛くなる事もありました。

対策としては目薬をさしてまず目を休め、
目の上にハンカチを濡らして置くなどして休憩をします。
熱めのコーヒーを飲むと血管が開くと聞いたことがありますが
コーヒーを飲むと少し楽になるような気がします。
もうひどくて収まらないときは寝るしかありません。
それでも仕事中は仕方ないのでいつも湿布を貼りました。
気持ちよくて落ち着くような気がします。

いつも偏頭痛で病院にいってもなんでもなかったけれど
やはり45の時に突然脳梗塞になってしまったので
今後も偏頭痛に気をつけていこうとおもいます。
ずきしらずの実 通販

肌トラブル

アラフォーになって感じたことは、若い時に比べて肌の悩みが多くなったことです。
それは、顔のあちこちにできるシミと目じりの小ジワです。
特に、笑った時のシワが気になります。
それ故、日頃のお肌のケアと紫外線対策は欠かせません。
お肌のケアの時に使う基礎化粧品は、ローションと美容液とナイトクリームです。
夜寝る前に、お肌に塗って、肌の老化とパサツキを防ぎます。
それだけでなく、シミ対策のハイチオールCの錠剤も、毎日服用します。
外出時は、日焼け止めクリームを塗って、肌を露出しない長袖の服を着て、つばの広い帽子をかぶって、紫外線による日焼けを防いでいます。
紫外線は、肌のメラミン色素を増やし、肌に害を与えます。
従って、子供のときとか若いときに全身日焼けをしてしまうと年をとったときに皮膚トラブルが起きてしまうので気をつけます。
シミやシワだけでなく、毛穴が開いて、肌がでこぼこになることがよくあるので、毛穴専用のクリームによる手入れもします。
メルライン 通販

肩こり

母が猫背で、働いている間にいつの間にかなったのか、肩こりに悩まされていて、
ひどい頭痛やめまいでよく家の中でもフラフラしていました。
ほんとに大丈夫かな?と子供でも心配するくらいでした。

顔色も悪く、自律神経もやられていました。
そのため、姿勢が悪いということで、よく矯正するための体操をしたり、
肩がすごくカチカチだったので肩を揉んだり、その他、いろんな運動をしたりしましたが、
どれもあんまり効果がなかったです。

どうしてなのか知らないけど、普段から背中が曲がりやすく、
呼吸も内臓にも良くないから、私も逐一、姿勢が良くない!と注意はしていました。

母は元々、勉強は大好きだけど、運動するのが苦手でした。
だから、よく、頑張っていたほうですけど、あまり、それも長続きはしませんでした。
背中がぴしっ!としていた頃は、そんなに、肩こりだとか頭痛だとかめまいとか、言ってなかったです。

ですから、姿勢が悪いことから、いろんなことになったんだと思います。
そして…ついには…高齢になり、階段から滑り落ちる転倒事故もありました。

目の前の家のおばさんも同じ事をやりました。怖いです。

みなさん、高齢になっても、姿勢だけは気をつけましょう!
首こり めまい